保険外介護サービスを利用する前に知っておきたい4つのこと



保険外介護サービスとは

介護サービスには2種類あります。介護保険制度の範囲内のサービスと範囲外のサービスです。前者は介護保険により自己負担額が1~3割程度になりますが、後者は全額自己負担です。このように、保険外介護サービスは費用が高額であるにも関わらず、近年利用者が増えております。

なぜ高額な費用にも関わらず利用者が増えているのでしょうか?それは、介護保険で提供できるサービスに比べて、保険外サービスで提供できるサービス内容が充実しているからです。

保険外介護サービスの種類

例えば、介護保険サービスでは食事、排泄介助などの身体介護、掃除、洗濯など生活援助が提供できるにも関わらず、庭の草むしり、ペットの散歩、趣味のための外出介助は提供できません。特に要介護者と同居する家族がいる場合には、掃除、洗濯など生活援助でさえも提供できなくなります。

以上のような介護サービスを享受したいという要望が強いため、近年保険外介護サービスの利用者数は増加し、保険外介護サービスを提供する市区町村、民間企業などの組織が増えております。

市区町村が提供する保険外介護サービスの種類

介護用おむつ配送

月1回、自宅へおむつを配送したり、購入費を助成したりする

訪問理美容サービス

年数回、自宅へ理髪師、美容師を派遣する

介護用寝具クリーニング

寝具を洗濯、乾燥、消毒する

宅配・配食サービス

食事の準備が日常的に困難な人に対して食事を配達する

民間企業が提供する保険外介護サービスの種類

家事代行サービス

掃除、洗濯、食事などの家事を代行する

移送サービス

介護タクシーにより通院、買い物、観光などの外出をサポートする

介護用寝具クリーニング

寝具を洗濯、乾燥、消毒する

宅配・配食サービス

食事の準備が日常的に困難な人に対して食事を配達する

保険外介護サービスのまとめ

以上のように、保険外介護サービスの種類は提供する組織により異なります。費用は民間企業に比べて市区町村の提供する保険外介護サービスの方が比較的安いですが、提供するサービス内容は民間企業の方が充実しております。

保険の範囲内では満足できる介護サービスを享受できない人でも、保険外介護サービスを利用することで満足する介護サービスを享受できる保険外介護サービスを利用する前に知っておきたい4つのことになります。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.