介護保険制度とは

介護保険制度とは?

介護保険制度とは、介護が必要な人に対してその介護費用を給付する保険です。保険と言われるように、この費用は国民が負担した保険料(税金)により運営されています。介護費用の負担額は原則的に自己負担1割ですが、年収280万円以上の場合には自己負担率が2~3割程度になります。

介護保険の支払い年齢は何歳から?

40歳を超えると介護保険の加入が義務になります。徴収方法は40歳から64歳までの人は健康保険と一緒に徴収され、65歳以上の人は年金と一緒に天引きされることで徴収されます。

介護保険により受けられる第1号被保険者、第2号被保険者とは

介護保険によるサービスを受ける人は、第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳までの人)の2種類です。原則的にサービスを享受できる人は第1号被保険者のみですが、第2号被保険者でも、老化を原因とする下記16疾病により介護認定を受けた場合には介護保険によるサービスを享受できます。

1.末期がん
2.関節リウマチ
3.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
3.後縦靱帯骨化症
4.骨折を伴う骨粗鬆症
5.初老期における認知症
6.進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
7.脊髄小脳変性症
8.脊柱管狭窄症
9.早老症
10.多系統萎縮症
11.糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
12.脳血管疾患
13.閉塞性動脈硬化症
14.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
15.変形性関節症(両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う

介護保険により受けられるサービスとは?

介護認定を受けますと、下記5種類のサービスを介護保険により享受することが可能になります。

1.支援サービス

ケアプランの作成、家族の相談対応など

2.在宅サービス

掃除、洗濯、買い物などの家事支援、入浴、排泄などの身体介護、医師の指示を受けた看護師による訪問介護、デイサービス、ショートステイ

3.施設サービス

特別養護老人ホーム(特養)、老人健康保健施設(老健)、介護療養型医療施設(療養病床)

4.介護用具のレンタル

介護ベッド、車いす、ポータブルトイレなどの介護用具でサービスを享受したり、レンタルできます

5.介護リフォーム

自宅をバリアフリー様式にするための工事費用の補助金として最大20万円まで支給されます。

介護保険の申請方法

介護保険によるサービスを享受するため、まずはお住まいの市区町村の介護保険担当窓口へ問い合わせすることから始まります。この窓口にて、介護保険のサービスを享受できる人であるかどうかを判定する要介護認定の日程を調整します。

認定が出るまで約2ヶ月程の時間を要します。そして、要介護認定が出た場合、お住まいの市区町村で活動をしているケアマネジャーを市区町村より渡されたリストから選び、条件の合ったケアマネジャーに自宅へ訪問してもらいます。訪問したケアマネジャーと一緒に介護計画書であるケアプランを作成し、そのケアプランに基づいた介護サービスを受けます。

介護保険の支給限度額とは

介護保険の支給限度額は重症度に応じて異なり、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5と重症度が上がるにつれてその支給限度額が増額になります。下記が介護度、負担割合に応じた1ヶ月あたりの給付限度額になります。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク