在宅介護に関わる費用



要介護の約70%が、住み慣れた場所での介護を望んでいるという国の統計があります。たしかに、住み慣れた場所での介護は要介護者に安心を与えます。しかしながら、介護師、看護師をはじめとした介護サービスを提供する方々にわざわざ自宅に来てもらう場合、老人ホームなどの施設で介護を受けるサービスに比べ、その費用はどの程度違うのでしょうか?

在宅介護費の内訳

在宅介護にかかる費用は介護サービス費用のみです。一方、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどにかかる費用は介護サービス費以外にも、家賃、管理費、食費があります。そのため、享受する介護サービスの内容、要介護者の重症度にもよりますが、在宅介護の費用は特別養護老人ホーム、有料老人ホームに比べて安いです。

生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査平成27年」によれば、在宅介護にかかる費用の平均は一時的にかかる費用が83.3万円、月額費用が4.4万円です。

一時的にかかる費用の内訳としては、バリアフリーなど介護用住宅としてのリフォーム代、介護用ベッド、車椅子など介護用品の購入費。

月額費用の内訳としては、享受する介護サービスの内容、要介護者の重症度にもよりますが、食事、洗濯、入浴介助、調理などの護サービス費。

在宅介護と施設介護の違い

以上のように、施設介護に比べて在宅介護の費用は家賃、管理費、食費がかからないため安いです。しかしながら、費用以外の面で比較して在宅介護を選ぶか?施設介護を選ぶか?を決めるべきです。具体的には、要介護者を自宅でサポートする家族にかかる負担の度合いです。

例えば、介護を理由に離職する程の負担が要介護者の家族にかかる場合には在宅介護よりも施設介護を選択すべきです。また、家族が無職の場合でも、自宅での介護は肉体的、精神的負担が想像以上にかかりますので、在宅介護と施設介護の併用型を選択してもいいかもしれません。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.