訪問看護で受けられる12つのサポート



訪問看護とは

訪問看護とは、看護師が自宅を訪問し、医師の指示に基づいて療養上の世話、診療補助することです。 病気、障害を抱える人であっても医療機器を使用することで、自宅で最期まで暮らせるように療養生活を訪問看護師、医師をはじめ複数の職種の人が連携してサポートします。具体的には下記12つのことが訪問看護により提供されます。

訪問看護師による健康状態の評価

体温、呼吸、脈拍、血圧、体重、筋力、視力、聴力、精神状態、睡眠、栄養、排泄状況などの健康状態を評価します。

訪問看護師による日常生活の支援

掃除、入浴介助、食事摂取支援、排泄支援、ストーマ管理など日常生活の支援をします。

訪問看護師による心理的サポート

精神、心理状態を安定化させるためのケア、睡眠をはじめとした日常生活リズムを調整するためのサポートをします。

訪問看護師による要介護者家族への支援

要介護者の家族が抱える介護、看護に関する悩み相談をしたり、その悩みを解決するための患者会、家族会、相談窓口の紹介などをします。

訪問看護師による医療的ケア

訪問看護は主治医の指示に基づいた点滴注射、褥瘡処置などの医行為をします。また、在宅酸素療法、人工呼吸器などの医療機器管理、器具使用者へのケアをします。

訪問看護師による病状悪化予防のための看護

褥瘡、肺炎、栄養失調などの予防管理をし、重症化させないための支援をします。

訪問看護師による入退院時の支援

要介護者が入退院する時、相談支援専門員、ケアマネジャーなどの関係者との連携をサポートします

訪問看護師による認知症の看護

認知症の初期症状である中核症状、BPSDに対する看護を提供します。

訪問看護師による精神障害の看護

精神症状に対する看護を提供します。

訪問看護師による緩和ケア

疼痛、苦痛等の緩和ケアをしたり、香取り体制に関する相談、アドバイス、本人・家族に対しする精神的支援をします。

訪問看護師によるリハビリテーションケア

ベッド、ポータブルトイレ、車医師等、要介護者が自立支援するための福祉器具利用を支援します。また、体位変換、関節可動域、ADL・IADL維持・向上の訓練をします。

訪問看護師による社会資源の活用支援

市区町村、民間、非営利団体が提供する在宅ケアサービスの紹介、その機関との連携調整をします。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.