看護師による保険外の訪問看護・介護を受ける前に知っておきたい3つのこと

訪問看護と訪問介護の違い

介護士による保険外の訪問介護と看護師による保険外の訪問看護の一番の違いは料金です。訪問介護が1時間あたり3000円前後であるのに対して、訪問看護は1時間あたり8000円前後必要とします。

もちろん、その料金の高さは訪問介護では提供できないサービスを訪問看護では提供できるからです。例えば、訪問看護では医師の指示に基づいて褥瘡の予防・処置、点滴管理、胃ろう管理、吸引、服薬管理など診療補助のサービスを受けるが可能です。また、要介護者の家族へ療養上の指導・相談を看護師にできます。

訪問看護サービスを提供する企業

訪問看護サービスを提供する企業として有名なのは、株式会社リリフルです。リリフルは慶應義塾大学看護医療学部を卒業した看護師である玉木明子さんにより設立された会社で、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など関東を中心に訪問看護、訪問介護事業を展開しております。

2019年2月8日現在、リリフルの常勤看護師は6人、非常勤30人であり、まだまだ訪問看護師の人数は少ないです。しかし、全国に166万人いるとされる看護師の内、約70万人は潜在看護師として資格を持ちながら就職しない看護師とされています。

就職しない主な理由としては、日勤・夜勤のシフト交代制の勤務環境で働けなくなっているためであり、訪問看護のような柔軟な勤務形態が可能な労働機会ができれば潜在看護師の数は減るでしょう。つまり、リリフルのように今後訪問看護サービスを提供できる会社は増えてきます。

訪問看護とまとめ

訪問看護は、看護師資格を持つ看護師による訪問介護サービスです。介護士による訪問介護との違いは診療補助のサービスも提供できるため、料金が2倍程度高くなっていることです




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク