区分マンション不動産投資はGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)でするべき3つの理由

区分マンション不動産投資のGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)とは

私はGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)で区分マンションの不動産投資をしております。なぜ私が数ある不動産業者の中でGA technologiesを選んだのか?と申しますと、それは見える情報への信頼性が高かったからです。

不動産投資に関する見える情報とは、不動産売買価格、ローン金利、管理手数料です。これら見える情報が他の不動産会社に比べ、なぜGA technologiesは信頼できるのか?それぞれご紹介します。

RENOSY(リノシー)

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の不動産売買価格は安い

GA technologiesが売買する物件価格は市場適正価格が設定されています。なぜなら、GA technologiesは所有者と専属専任媒介契約を締結することで、3ヶ月間だけ売主となり物件を販売しているからです。

そのため、GA technologiesは3ヶ月以内に売れる自信のある物件のみを適正な価格で仕入れることを重視しています。普通、不動産業者は所有者と一般媒介契約を締結するため販売契約期間に囚われずに物件を販売します。そのため市場適正価格よりも高い値段付けをします。

以上の物件所有者との契約形態の違いから、GA technologiesが販売する不動産価格は市場適正価格であることがわかります。

また不動産売買の仲介を本業にするGA technologiesですが、それ以外のビジネスモデルを有している点が不動産価格を適正できる理由として大きいでしょう。他のビジネスモデルとは、不動産売買システムを効率化するシステム販売です。

RENOSY(リノシー)

GA technologies社員全体の40%がエンジニアであることからも容易に想像できますが、GA technologiesは不動産売買仲介以外にも、その売買を効率化するためのシステムを他の不動産業者に販売するビジネスをしております。以上のように、仲介の売買手数料に依存することのないビジネスモデルをGA technologiesは構築しているため、他の不動産業者よりも適正な市場価格で物件を売買できるのです。

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)のローン金利は低い

GA technologiesはSBJ銀行、ソニー銀行、じぶん銀行などの優良機関と提携しているため、金利1%後半から2%前半と安いです。ちなみに、私がGA technologiesより購入した不動産の金利は35年間で1.575%(変動金利)で、何年でも前倒し可能です。

区分マンション不動産投資は頭金の5%程度を除けば、全額ローンで支払いする場合が多いでしょう。そのため、金利の違いはわずか数%でもその差は30年で30万円程の差になると言っても過言ではないでしょう。見える情報であるローン金利で優遇が受けられる不動産投資がGA technologiesです。

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の管理手数料は安い

GA technologiesは物件売買のみだけでなく、その後の賃貸管理、賃貸契約などの事業も手がけております。そして、この賃貸管理、賃貸契約などにかかる諸費用が相場の半額です。

例えば、賃貸管理手数料は家賃の3%~5%が相場ですが、GA technologiesの管理手数料は一律1080円(税込)です。つまり、家賃6万円の不動産であれば1.8%、9万円の不動産であれば1.2%です。月額にしたらわずか1000~3000円程度の差ですが、これが30年経てば数十万、数百万円の違いになります。

また、家賃振込手数料が無料でしたり、賃貸契約を新たに締結した時に支払う成果報酬など、なにかと要する費用が全て無料です。

私がGA technologies(ジーエーテクノロジーズ)で区分マンション不動産投資を始めた理由

以上のように、不動産売買価格、ローン金利、管理手数料などの見える情報に関する信頼度が、他の不動産会社に比べてGA technologiesで格段に高かったのです。そして何よりも、GA technologiesの社員は自社の不動産物件を売買できない仕組みになってます。つまり、GA technologiesの中で優良な不動産物件は全て顧客に還元される仕組みになってるのです。

RENOSY(リノシー)




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク