介護ビジネスで破綻しないために知っておきたいこと

国内で数少ない成長産業の1つである介護業界。それにも関わらず、倒産する事業者は後を絶ちません。なぜ成長産業にも関わらず介護事業者は倒産するのでしょうか?

その理由は、価格競争をするためです。介護業界における価格競争とはヘルパーをはじめ介護業界で働く人に支払う報酬です。

介護業界は万年人手不足であるため、どの介護事業者も人材確保のために高額報酬を提示します。たしかに、介護人材を惹きつけるために高額報酬は効果があります。

東京の介護事業所で介護士の時給は1500-3000円のバラツキがありますが、時給3000円を提示されれば人材は自ずと集まるでしょう。

しかし、介護事業の原価の大半は人件費になりますので、人件費を増加させた分は別の費用で補填しなければ経営が成り立ちませんが、それをできる介護事業者がいないのです。

例えば、1回当たりの訪問介護単価は3500円程度ですので、単価を上げるためには要介護者のサービス利用時間を増やしたり、保険外サービスを併用したりすることで単価を上げる努力が必要です。または、看護師、心理療法士などの医療系専門資格を有する人に特化することで、介護報酬を増加させるしかありません。

以上のように、介護業界は成長産業でありながら、慢性的な人材不足に苦しんでおり、その問題を解決するために人件費を上げると利益率が悪化するとい負のサイクルに悩まされいます。




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク