メディオテック(ひなた発電所)で太陽光発電投資をする前に知っておいて欲しいこと



固定価格買い取り制度(FIT)とは

株式投資、FX、不動産投資と比較される太陽光発電投資ですが、これら投資と決定的に違う点は固定価格買い取り制度(FIT)です。固定価格買い取り制度(FIT)とは、国が太陽光をはじめとした再生可能エネルギーをを後押しする制度であり、家庭、企業などが発電した電力を10-20年の間固定した価格で買い取ることを義務づけている制度です。つまり、太陽光発電投資は国が後押しする投資と言っても過言ではないのです。

なお、この制度は2009年11月より開始した制度であるため、2019年11月から固定価格買い取り制度(FIT)期限切れになった電力がいくらで取引されているか?大変注目されております。

太陽光発電投資の会社選び

しかしながら、当初は買取価格40円/kWhでしたが2019年は14円/kWh、この10年間で65%程下落しております。ちなみに、当時の40円はドイツをはじめとした世界各国の水準の倍以上です。このような狂気の沙汰とも思える価格を決定したのは、当時の民主党政権になります。

以上のような背景を知りますと、正直太陽光発電投資のバブル感は否めず、今から参入する投資家は相当慎重に検討する必要があるでしょう。だからこそ、太陽光発電投資をする前には必ず複数の業者との面談を重ねてください。私は太陽光発電投資をする前、メディオテック、Qvouをはじめ複数の業者と面談しましたから。

「ひなた発電所」再生可能エネルギーVS不動産投資、勝つのはどっち?

そして、私はメディオテックでの太陽光発電投資をすることに決めました。その理由は、日照条件の良い北海道の土地付き投資案件を営業担当の方が紹介してくれたからです。太陽光発電投資は他の投資に比べ、まだ10年の実績しかないため必勝パターンはありません。固定価格買い取り制度(FIT)があるとはいえ複数のリスクがあります。

太陽光発電投資のリスク

例えば、日照時間が不十分のために発電できなかったり、発電システムの不備があったり、盗まれたり。またまた、台風などの天災があったり。太陽光発電投資のリスクを上げればキリがありません。

しかし、これらリスクは信頼できる企業と発電する場所選びを間違えなければ抑えることができます。企業選びが重要なのは発電システムが日本製、中国製をはじめ複数あり、価格、性能など素人には判断できないからです。

また、場所選びが重要なのは日照時間が安定する場所とそうでない場所、天災の被害を受けやすい場所とそうでない場所がこの10年間で明らかになっているからです。以上のような、リスクを軽減するために複数の太陽光発電投資を取り扱う業者と面談することは非常に重要です。





Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.