区分マンション不動産投資をする前に知っておきたいマーケット相場把握の方法



区分マンションの売買価格、家賃価格の相場を把握する

区分マンションの不動産投資をする時にはマーケット相場を把握することが最も重要です。なぜなら、区分マンションの売買価格、家賃価格は全て売る人の言い値で決まっているからです。特に売買価格はこの傾向が強く、昨日2000万円した区分マンションが明日には2200万円の値が付くことは日常茶飯事です。

以上のような価格のボラティリティを是正するためには区分マンションの売買価格、家賃価格の相場を知ることが大切です。では、どのようにして売買価格、家賃価格の相場を知ることができるのでしょうか?

区分マンションの売買価格のマーケット相場を知る方法

まず、売買価格を知るためには購入を検討している区分マンションと類似した条件の区分マンションの売買価格、購入を検討している区分マンションの過去の売買価格を楽待、建美家などの不動産ポータルサイトで調べる必要があります。

RENOSY(リノシー)

例えば、JR山手線の内側である駒込駅の区分マンションの購入を検討している場合、楽待の物件検索画面で「最寄り駅」「間取り」「建物構造」「駅までの徒歩分数」「専有面積」を検索します。この検索の目的はもちろん、購入を検討する区分マンションと類似した条件の区分マンションの売買価格を知ることで相場を把握するためです。

もちろん、楽待、建美家などで表示された売買価格はあくまでも言い値ですので、実際に不動産会社に問い合わせをし、値切り交渉をした後の売買価格を相場として設定しましょう。また、購入を検討している区分マンションのマンション名をRenosy(リノシー)などで検索しますと、過去の売買履歴を閲覧できます。ただし、中古マンションの売買価格は新築以外は経過年数よりも需要供給のバランスで相場が決まります。そのため、過去よりも現在の売買価格の方が高いことはザラにあります。

区分マンションの家賃価格のマーケット相場を知る方法

次に、家賃相場を知るために売買価格の時と同様に、購入を検討している区分マンションと類似した条件を物件ポータルサイトの検索画面で「最寄り駅」「間取り」「建物構造」「駅までの徒歩分数」「専有面積」などを入力します。なお、@nifty不動産検索のスマートフォンアプリを利用しますと類似した区分マンションの家賃を横断的に検索できるの便利です。そして、家賃相場は現在、3年後、5年後、10年後など長期間に渡り調べましょう。購入を検討している区分マンションの築年数より+3年、5年、10年することで凡その家賃を知ることでしょう。

まとめ

以上のように、購入を検討する区分マンションと類似した区分マンションの売買価格、家賃価格を参考にすることでマーケット相場を把握することが可能です。相場を知ることができれば、不動産投資で勝つための値段交渉も成功させることができますので、今回ご紹介したマーケット相場把握の方法を試してください。

RENOSY(リノシー)



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.