足立区北千住の新築マンションである千住ザ・タワー購入を検討する前に知っておいて欲しい



千住ザ・タワーが建つ足立区北千住とは

北千住は東京メトロ日比谷線、千代田線、JR常磐線、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスの5路線が通り、乗降客数ランキングでも新宿、渋谷、池袋、大阪梅田、横浜に次ぐ国内第6位の駅である。つまり、六本木、東京、大手町、東京、品川、渋谷、原宿をはじめとした主要都市へ電車1本で行ける街こそが北千住である。

にも関わらず、「足立区」アドレスという理由だけで北千住は不動産価値として過小評価されてきた。しかし、2006年に東京藝術大学、2010年に帝京科学大学、2012年に東京電機大学が北千住にキャンパスを建て、近年急速に北千住の不動産価値が見直されている。

特に、千住ザ・タワーが建設されるアドレスである「千住1丁目」は北千住の中でも千住2丁目、旭町に次ぐ坪単価の高いアドレスであり、千住ザ・タワーは「足立区」の新築マンションとしてはお財布にけっして優しくない価格であることが容易に想像できる。

千住ザ・タワーと比較した他の北千住新築マンション

しかし、たとえ千住ザ・タワーが坪単価350万円を超える新築マンションであっても、千住ザ・タワーは「買い」であると考えている。なぜなら、千住ザ・タワーは北千住に建つマンションの中でもナンバーワンマンションになる可能性を秘めているからである。

上記図は、北千住の新築マンション約ベスト3であるアトラスタワー北千住、サンクタス1010タワー、ランドステージ、キタセンジュジョイフロント、パークホームズ北千住アドーアと千住ザ・タワーの比較表である。ご覧の通り、駅徒歩、階数、総戸数、建築主のどの要素を見ても、千住ザ・タワーが上位である。これはつまり、千住ザ・タワーが北千住のシンボルマンションになりうる可能性が高いということである。

そして、千住ザ・タワーがシンボルマンションになるのであれば、「足立区」アドレスであるにも関わらず坪単価350万円を越えようとも、マンションとしての資産価値は維持できるであろう。以上の理由より、私は千住ザ・タワーを買いマンションとして結論づけている。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.