品川区の新築マンションであるシティータワー武蔵小山を買う前に知っておきたいたった1つのこと



シティータワー武蔵小山を買うべきかどうか悩んでる。なぜなら、武蔵小山は街として最高に可能性を感じるが、その可能性がシティータワー武蔵小山のマンション価格に既に織り込まれているからである。例えば、シティータワー武蔵小山の2LDK(60.39㎡)で8980万円、3LDKで(73.21㎡)で1億980万円、つまり坪単価500万円。35年ローンで毎月20万円以上の支払い能力を有する世帯でしか、シティータワー武蔵小山を買うことができないのである。

たしかに、武蔵小山駅より徒歩1分に位置するシティータワー武蔵小山の資産性の高さは理解できる。シティータワー武蔵小山に住めば、家を出て品川も東京も大手町も新宿も渋谷も30分以内には到着できるからだ。職住近接を求める時代のニーズに合った理想のマンションである。

また、2020年竣工の三井不動産のパークシティ武蔵小山ザタワーを皮切りに、住友不動産のシティータワー武蔵小山、三菱地所のタワーマンション(2030年頃建設予定)と3大財閥による再開発が予定されており、街としての武蔵小山が大変貌を遂げる可能性が高い。まさに、同じムサコと呼ばれる武蔵小杉の再開発成功?を想起せざるを得ない。



しかしながら、東京都品川区といえどシティータワー武蔵小山が位置するのは品川区の中では最も人口の多い荏原地区に属する品川区小山3丁目。品川区の高級住宅街と呼ばれる品川区北品川の御殿山でもなければ、品川区東五反田の池田山でもない。つまり、武蔵小山の本質は日本一アーケードの長いパルム商店街を中心とした商業で賑わう街であり、けっして高級住宅街とは呼べないのだ。

それにも関わらず、住友不動産がシティータワー武蔵小山を坪単価500万円で売り出せる理由はなぜだろうか?それは、街を変える気マンマンであるということだ。正確には、三井不動産、三菱地所、住友不動産の3大財閥が街を変える気マンマンであるということだ。この3大財閥の賭けに乗るかどうか?シティータワー武蔵小山を買うべきかどうかを判断する際の最も重要なポイントであろう。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.