在宅介護一覧

訪問看護で受けられる12つのサポート

訪問看護とは、看護師が自宅を訪問し、医師の指示に基づいて療養上の世話、診療補助することです。 病気、障害を抱える人であっても医療機器を使用することで、自宅で最期まで暮らせるように療養生活を訪問看護師、医師をはじめ複数の職種の人が連携してサポートします。具体的には下記12つのことが訪問看護により提供されます。

看護師が介護士の仕事をするべきたった1つの理由

看護師の資格を持っている人の多くは、看護師の仕事をします。当たり前ですが。しかし、看護師の資格を持っているなら看護師としてでなく介護士として仕事をするべきです。なぜなら、看護師として介護士の仕事をする看護師は少ないため、誰にも真似できない経験、スキルを身につけることができ、結果として看護師以上の年収を稼げる可能性があるからです。

介護士におすすめな副業は介護保険外の訪問介護に尽きる理由

介護士が副業すべき理由は、ずばり年収が低いからです。平成27年賃金構造基本統計調査によれば介護士の平均年収は378万円(270万円~400万円)、月収15〜26.8万円です。そして、年収のピークとされる40~44歳でも434.7万円、45~49歳でも453.6万円です。つまり、正社員としてどんなに頑張っても、介護士が年収500万円を超えることは難しいのです。

在宅介護に関わる費用

要介護の約70%が、住み慣れた場所での介護を望んでいるという国の統計があります。たしかに、住み慣れた場所での介護は要介護者に安心を与えます。しかしながら、介護師、看護師をはじめとした介護サービスを提供する方々にわざわざ自宅に来てもらう場合、老人ホームなどの施設で介護を受けるサービスに比べ、その費用はどの程度違うのでしょうか?

在宅介護とは

在宅介護とは、自宅にいながら介護保険によるサービスを享受できる介護制度です。在宅介護のサービスの種類としては介護師、看護師などの専門職が要介護者の自宅へ訪問する「訪問系」、要介護者自身が施設へ通いサービスを受ける「通所系」、「宿泊系」の3種類があります。

スポンサーリンク