混合介護とは

原則1~2割の負担で利用できる介護サービス、全額自己負担で利用する介護保険対象外の保険外サービスを合わせて提供するのが混合介護です。2019年2月8日現在、混合介護は禁止されておりませんが厚労省の許可基準が曖昧なために各自治体によるその運営方法が異なっております。

介護保険外(自費)を提供している3つの企業

介護保険サービスには介護保険内、介護保険外で利用できる2種類のサービスがあります。前者が原則1~3割の負担で利用できる介護保険サービスに対して後者は全額自己負担になります。料金は高い介護保険外サービスになりますが、要介護者のニーズに合ったサービスを受けることができるため、その利用者は年々増加しております。

保険外介護サービスを利用する前に知っておきたい4つのこと

介護サービスには2種類あります。介護保険制度の範囲内のサービスと範囲外のサービスです。前者は介護保険により自己負担額が1~3割程度になりますが、後者は全額自己負担です。このように、保険外介護サービスは費用が高額であるにも関わらず、近年利用者が増えております。

在宅介護に関わる費用

要介護の約70%が、住み慣れた場所での介護を望んでいるという国の統計があります。たしかに、住み慣れた場所での介護は要介護者に安心を与えます。しかしながら、介護師、看護師をはじめとした介護サービスを提供する方々にわざわざ自宅に来てもらう場合、老人ホームなどの施設で介護を受けるサービスに比べ、その費用はどの程度違うのでしょうか?

在宅介護とは

在宅介護とは、自宅にいながら介護保険によるサービスを享受できる介護制度です。在宅介護のサービスの種類としては介護師、看護師などの専門職が要介護者の自宅へ訪問する「訪問系」、要介護者自身が施設へ通いサービスを受ける「通所系」、「宿泊系」の3種類があります。

介護保険制度とは

介護保険制度とは、介護が必要な人に対してその介護費用を給付する保険です。保険と言われるように、この費用は国民が負担した保険料(税金)により運営されています。介護費用の負担額は原則的に自己負担1割ですが、年収280万円以上の場合には自己負担率が2~3割程度になります。

スポンサーリンク